蟻の一穴という諺を聞いて思う事

久々に蟻の一穴という諺を耳にしました。
蟻のあけた小さな穴であっても、そこから水が漏れて、
終いには大洪水をも引き起こしかねないという諺ですが、
我々の日常生活においても、その諺に匹敵する事柄は山盛りあると思いました。

近隣に、いつも、一人ぼっちでポツンと遊んでいるお子さんがいますが、
この子の親はそれを知っているのだろうか。
早く、今の内に対応をしないと、これからの学校生活において、大変になるのではないか。

又、私自身においても、つまらない話ですが、大学生時代に、体重が増加したのですが、
自分の体を過信して、そのうちに短期間で一気に減量できるからと放置していた為に、
減量期間が長くなって、途中で何度も悔やんだ事があります。

久しぶりの蟻の一穴という諺を、これを機会に、忘れないように、肝に命じたいと思いました。